スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


屋内外と照明とによる違い明確なコウホネ

やたらと、コウホネ記事が続くんだけど・・・
まぁ、これが自分でも読み返すと、数ヶ月、一年を振り返った際に、忘れかけていた記録を思い出す事にもなるしね。

CIMG6188.jpg


メダカ沢山とサイジョウコウホネを白熱灯照明24時間点灯の屋内水槽。
これは水上葉が全く出てこない!
コウホネにとっては、可愛そうな環境なんだろうなぁ・・・
ただ、見た目には、屋外と比べると薄めの水中葉が多く出て
水槽には合う感じさえする。
ここのところって微妙。。。

今回は画像は無しだけど、前々から掲載の過去記事どおり、メタハラ下のビーシュリンプとコウホネのいる水槽(屋内)では、水上葉は見事に広がっている。
ただ、花の咲きそうな傾向は今のところみられない。

共に屋内外、照明の違い以外には、もちろん水温も違うのだが、照明のON⇔OFF無し、人工的でも昼夜の無い水槽と言う影響も植物にはかなり影響があるだろう・・・・

こちらは、先日とは別の鉢となるもので屋外の現状、開花前の蕾をつけたサイジョウコウホネ(レアだぞーーー!うはははは)

CIMG6187.jpg


そのほか、屋外での同種の色々な環境の睡蓮やメダカ、ちょっと冬には処理をしてやった鉢や放置したまま、大雪だけベニヤで雪をよけ、水深2cmであとは土の鉢でもメダカ&コウホネも凍った水面にも負けずに冬を越して元気な5月となっっているのでした。
ただねぇ、俺はこれまたここ数日疲れちゃってますぅ・・・
ヨーシ、俺もガンバルゾ、オッ!

【ほう、こちらもみんな元気に育っているのねー!っとFC2ブログランキング or 広島ブログ に投票してVismanを喜ばす!】

関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://visible.blog63.fc2.com/tb.php/630-5a440697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。