香川県から採取物メダカが届いた!

本日、昼前に香川県での採取物めだかが届いた。
水の変化で影響が少ないように注意しながら水槽にも移し終え、ジーーーーーッと見つめる。。

宍道湖&三次のメダカと明らかに形にも違いがあるようだ。
全般的に体が長い感じがするのだが、決して痩せているからとかではなく・・・・
これは何故だ?
もう一つ、これは形とかではないが、尾ひれがサバケている。
あれ?サバケルって方言かも?(^^;
まぁ、さばけているのだがそれが多い。
これは、捕獲時によるものなのか、それとも尾ひれが弱いのか!?

ちょっと、現地で自分で直ぐに捕りたてを見れないのが悔しい。
背びれがちょっと変わっている個体も一匹いた。

どうなのだろう?
純粋な野生のメダカに何かが起こったのか、はたまた起こらずともこういうもの、このように育つそれこそ遺伝的多様性の表れの一つであり、目に見える状態なのか、もしくは放たれた個体とのハイブリッとなのか・・・???
DNAで見分けるしかないのかもしれない。

kagawas.jpg


採取地にもよるのならば、この採取地から更に移動を行いながら調べるとそれなりに結果もだせるかもなぁ・・・
しかし、香川だとちょっと遠いぃ?!

【Good!記事なのでランキングに投票】


関連記事
コメント
僕ちんの、夏の楽しみだった野生メダカの観察ですが、
その場所は「絶えた」と聞きました・・・。
他の方が実施した、DNA鑑定の結果も「純血」だったのですよ・・・。

採集も我慢していたのに・・・(泣)。

○○市に行った時にチョット寄るだけだったのですが、
「ゴミ拾い」とか、していたのですよ・・・。
高速道路の側道沿いの小さな流れだったので、いつか来る事と思っていましたが残念です。
ポイ捨てされたと思われるゴミ・・・。
ウンザリします。

水槽 → 野生 も1つの手段だったのかもしれませんね。


捌ける(サバケル)は、標準語でしょ?漢字変換出来ます。
2006/08/06(日) 18:37 | URL | K.Norichi #CsEyi/DQ[ 編集]
vismanさん、こんばんは!
天然めだかは地域によって個体差があるんですね。本州と海で隔絶された、九州、四国などのめだかの遺伝子はも、元をたどると同じ遺伝子をもっためだかでかつてユラーシア大陸と地続きだった時に渡ってきたものなんでしょうか!?などと考えてみたりと...
サイトの天然めだかをみると、ヒレなんか違いが大きいので、ビックリします。とくにウチの青めだかはすっきりしてるので、天然のめだかで婚姻色のでた天然めだかのほうがグッと迫力がでていいなあと。
あとサバケル 静岡県でも使っていますよ。
強調して ひっさばけるなどと言って使ってます。 
2006/08/06(日) 19:46 | URL | よっちゃん@ #-[ 編集]
Kさんへ>
「絶えた」のは悲しいっすねぇ。。
捕るな、採集するな、放流するな・・・しかし、環境悪化は進む!
これって居なくなる、「”絶える”のを待て」と言ってるのと変わんないですよね。
”水槽 → 野生”も・・・ですね!

ちょっと知識&経験不足なのでよく分かっていない俺ですけど、あの遺伝的多様性って水槽の中ではどの程度の期間、累代で、どの程度の変化が起こるのでしょう?
まぁ、変化を起こしても、その採集場所の純血なDNA個体ならば、また野生の環境でその地に適したものに変わりやすくもあるのかなぁ・・・・
うっはぁ~複雑。。

さばける=束になっているものがブワッと開いたり・・・そんな意味合いかなぁ。
微妙に標準語の意味と違うようななんとも(^^;


よっちゃん@さん>
めだかMAXの管理者さんですねぇ~、コメント有難う御座います!(^^)

個体差、あるようですねぇ。
多く、広く沢山をもっともっと見ないと偉そうな事を俺が言っても赤っ恥をかくばかりなのかもしれませんが、「おい、おい、間違ってるぞぉ!」なご意見があればご指摘くださいね。

仰るところの大陸、そしてその大移動までを考えると、なんだか小さなメダカでも壮大なロマン!?ですよね。
婚姻色についても確かに俺もシブさは感じます。
ちょっと前には、「あれ?変わった個体がいるぞ?」レベルでしたけど・・・・(笑)お恥ずかしい

ひっさばける、なんだか意味合いは同じっぽいですね。
広島だと、散らかる意味にも使うのですけど、小さなゴミではなく、形状のあるもの、例えば「本がそこらじゅうにさばけている」みたいな感じです。
”ひっ”に値する部分は広島弁だと、
・ぶち
・こっぱ
・ぶり
・ばり
となります。(笑)
------------------------------------------------




知人にあたるのかなぁ?
そんな方がクロメダカ専門に深く追求されている人がいるのですけど、私もそのクロを追う気持ちを少しだけかもしれませんが分ってきたような気がします。
見た目に分らない部分もあるのでしょうけれども、見ても直ぐに分る違いでは、綺麗な個体も居れば、なんだかなぁ・・・・な個体もいる。
実際にはどちらが、生き物として純粋で普通なものなのかはわからないのかもしれませんが、受ける感覚では、やはり純血であろうと思われる奥ばった場所、人があまり手を出していないだろう採集地でのクロメダカってやはり綺麗に見える個体なんじゃ!?と思う今日この頃でした。


2006/08/07(月) 08:58 | URL | Visman #szTeXD76[ 編集]
vismanさん、こんにちは。
難しい事を聞くのね?

僕ちんが、水槽→野生 をしなかった理由ってのが、
水槽内で発生する病気を、野に放つ事は無いのかな?って事だったのです。

累代繁殖での変化は、分かりません・・・。
卵生メダカは数百代も累代繁殖していると思うのです。
メダカだってその位は大丈夫なのかな???
ハッキリした事が分かりません・・・。
ディスカスとかはね、「硬度の低いpHの低い水質で無いと大きくなりません。」と売っていた個体は血が濃いのよ・・・。弱かった(泣)。
クワガタとかは、メスが早く羽化して近親交配を防いでいる?って話を聞いた事はあります。実際はどうなのでしょうね???

とにかく、人間だってミトコンドリア・イブまで祖先が分かる時代ですから、ゲリラ放流すれば、すぐ分かるのでしょうね?

でも、光メダカや、ダルマとかは、血が濃い気がしませんか?雰囲気的に・・・(笑)。

------------------------------------------
よっちゃん@さん、はじめまして。

僕ちんも静岡人!
でも・・・方言的には特別区みたいなの・・・。

かぁばりぼったい → 痒い
ちんぷりかえる → すねる

こんな地域なのよ・・・(寂)。
2006/08/07(月) 17:26 | URL | K.Norichi #CsEyi/DQ[ 編集]
あらら・・・・難しい。。(^^;
実際に難しいっすね!
色々と生き物により対策というかあるようですね。
近親交配が進むとメスが増える傾向の生き物って多いようですが・・・・
環境ホルモンによりメスが増えるというメダカってなにかその辺で関係あるのかもなぁ。
光、ダルマ、と言いますか、最近なんだか色々とそんな感じを受ける個体ってありますね。
なんだかなぁ・・・・

広島弁で有名なのはやはり「カバチよ!」かな?(笑)
喧嘩でも友人相手にも時と場合によりつかわれますけどね。
歯が痛い=歯がはしる
腹が痛い=腹がにがる  等は有名です。
2006/08/07(月) 23:39 | URL | Visman #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://visible.blog63.fc2.com/tb.php/309-4179c9fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)