スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


旨い事 作っている虫・むし・ムシ(ご近所のお店:part2)

一つ前の記事と同じところなのだが、この虫たちは気に入った!
製作者の方との繋がりもとっていただけるとの事から、Cray Flashでも展示販売をしたいなぁとも考え中なのである。

竹のカブトムシ(ビートルズ)
Beat1.jpg


標本の様に並べられたクワガタもやはり竹細工!
kuwa1.jpg


こちらは作者が別なもの!
mushi09.jpg


先の記事に書いたギャラリーにはこんな物もある。

アフリカの絵?を自作の額縁に入れたもの。

af7.jpg


流木にクモの巣とムシのライト。

RB2.jpg


なお、ここでは食事もでき、すでにTV取材や雑誌の取材申し込みもあったとのこと・・・・しかしすべて断っている!
うーーん、なんだかそのあたりは、すぐに出ちゃう俺なんかのよりググッっと良い感じのポリシーがあんだよね!”(^^;

ここへ伺い、思わぬ事も得られた。
色々な考え方に関わるものだが、今自分が行き詰まっている部分にかなりの光がさすような気持ちになれたのだ。
次回、妻も連れ添い、またお話をさせて頂く事とした。

あ、物だけではなく、店、家屋すべてが、俺も求める作りだったのも確かだった。。。

【Good!記事なのでランキングに投票】

関連記事


コメント
どーも、s-nobです。
これって竹製なんですか。
写真で見ただけですが、すごく質感が良いような気がしました。この手の虫にピッタリな感じですよね。
質感は違いますけど、熱帯魚なんかは作らないんですかね(笑)
2006/08/06(日) 21:19 | URL | s-nob #m1AZglz6[ 編集]
竹なんですよ。
画像では分かりにくいのですが、足は、竹箒に使う部分を利用していました。
間接にあたる部分は、節なんですよ。
「へぇ~」とうなずいちゃいましたからね(笑)

えーっと、熱帯魚も作っている、性格には”いた”の過去形ですけども、違うお店の店主の方は、今は川魚を作っていますが、以前は熱帯魚も作っていたそうです。
和なお店を営んでおり、飾り、販売する場合には、やはり和を感じる魚が良いからです。
SECRET-FORTのブログだったかなぁ、その魚の画像もあるんですよ。

製法はルアーを作る感じで行うのですが、材質はバルサだとカンタンである・・・・ただ、微妙な渓流魚などの場合、やはりエアブラシの技術はある程度必要となり、肝心な部分でもありますね。
2006/08/07(月) 09:10 | URL | Visman #szTeXD76[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://visible.blog63.fc2.com/tb.php/308-f86a1623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。