スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウォーターアニマル第3号へ掲載予定・・・・だった”飾りの無いヤビーに逢いたくて”第3話

ウォーターアニマル第3号へ掲載予定だった内容となります。
そしてここから3刊の範囲では語れなかっただろう内容に進みます。
しかしながら、規制から飼育を縮小されたかたや、意欲ををなくされた方やその他、購読を行われる方ももう少ないでしょうね(^^;
でも、今になって「続きはどうなったの?」な声も頂、ちょっぴりそんな声には嬉しさもありますが、まぁ、自分へも残すものとして・・・とかいいながら、内容を思い返すのに、2回目、3回目と発ったときの事がごちゃ混ぜになりつつある頭を整理しながら、出来ていないかもしれず・・・な内容です。
そんでもって、今回は短めかもね!
それと、2号の原文の掲載は、「青の・・・」と同じく、どのPCの何処に保存したんだっけ?な感じから、ちょっと長めの記事でもあり、転記や再タイピングはちょっとつらいのでこのブログでは今回、飛ばした感じです。
---------------------------------------
マーレーリバーへ流れ込む川や、この日に成果のあった場所で再びトラップを仕掛けたのだが、まだ日は沈まない。
時間を見ると20時半・・・・
「結構な時間にはなっているんだ」
気持ちの高ぶりでもってはいるものの、体は疲れていないはずがない。
しかし、とりあえず宿だけでも確保しよう、ザックリな片づけを行い、車に乗った。
走らせた車だが、もちろんメルボルンに一応はとってあるホテルになんて戻る機はさらさら無いわけで、ちかくのキャビンに宿をとることにした。
この時の画像は2号にも掲載されている。
キャビンにつき「泊まりたいのだが・・・」な話をするのだが、田舎なところでの50歳?60歳ほどだろうか、おばさんの英語はなんだか分りづらく、説明や交渉に時間がかかる。
おばさんが奥に入っていった。
可愛いブロンドの孫だろうか、連れてきたのだが、もしや日本語が喋れるのか!?
期待は外れた。
しかし、連れてきた理由は間もなく分る会話が始まった。
おばさんの聞き取りにくい英語は、キャッシー(仮称)11歳(実年齢)に伝えられ、それをキャッシーが私にそのまま告げる。
内容に変わりはないのだろうが、ゆっくりとそして明確に喋ってくれる。
不思議なもので、私だって英語がぺらぺら喋れるわけでもないのだが、キャッシーのゆっくりとした英語だと、伝える内容の本質部分は分るのだった。
と、言う事は?
おばさんの英語は、伝わりにくいという意識を自らがもってはいたのだろう、そしてキャッシーが話すと伝わりやすいという事も・・・・
一泊、一つのキャビンで$40との内容でバッチリと宿は取れ、おばさんはブランケット2枚だしてくれたのだが、キャビンへの案内はキャッシーが手招きで行ってくれた。
5人家族が泊まれ、自炊できるほどのボックスなキャビン。
荷物を降ろしたり片付けをしたり、ノートに目を通したり・・・
なのだが、近くに宿も取れ、安心した心には実は落ち着きはなかった!
そう、また川、沼へ車をだしたのだった(笑)
時間で21時ごろだろう、太陽は見えないが、明るい、夕方レベルかな?
仕掛けたところを再確認し、他なポイントも探したりするうちに暗くなってくるのは当たり前、21時半でやっと夜となるのだった。
大の大人が15時間も動き回ってりゃ、疲れる・・・・はずなのだが、それを感じない楽しさだった。
キャビンにつき、妻と語る今日の色々。
シッチャカメッチャカな喧嘩もしながら、たどり着いた今日のこの時・・・
明日への期待を胸に床についたのだった。

今回はココまで。
---------------------------

お仕事なHPと規制がらみのHPに使いたいJoomlaへ再チャレンジしたのだけど、壁にぶつかり・・・
ちょっと煮えたぎった頭をクールダウンするべく合間にかいてみました。

そんな広島は雨、店は暇ぁ?!
もうすぐ外出する時間なので・・・・。。


【Good!記事なのでランキングに投票】
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://visible.blog63.fc2.com/tb.php/278-ff83f1eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。