スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【2006】更なる青の引き出し方Part.1

☆青へついては、一貫したデータ上の説明難
ヤビーの青について過去の発見から語り続けてはきたが、進むにつれて、新たな事にも気付き始めた。
俺は、基本的に同じ親での2度目の交配は行わない主義。
俺は、固定化をヤビーでは行わない主義。
この理由については、すでに過去に述べてはきたので今ここでは書かない。
この固定を行わない部分も関連するのだが、血縁からの青の表れ方に一つの進行性的な変化がある。
WA2の後半で述べた、細かなデータを表示しての部分だが、これが困った事に、当時のデータでは当時の個体に”正しい”に近い結果は得られるのだが、例えばCray Flashの繁殖生産販売最後となったEXXE(エグゼ)正しくレグシステムで書くと以下の様になる。
Ex.x:e(親個体Exグループの中でオスx、メスe)
ここのレベルの表記血統になるとその青の素質の部分で、固定化をはからずとも、その血筋により、青の素質はゆるぎなくなり、逆から言えば、茶が現れにくい血統、茶が出なくなるとも言える。
ハーフ、クォーター・・・・な感じだろうか・・・?
そのような事から、光量などのデータの表記をまるのまま当てにして、実践すると少々ズレが発生する事にもなる。
過去の例を挙げるならば、以前BBSでも公開した、青化け、茶化けの理由とその実験からの立証だが、青から茶に化かす事の出来ない個体・・・・
つまり、茶にならない、もしくはなりにくい個体。
それらは脱皮後に白くなる個体が多い。
その後に、青がまた揚がるのだ。
ではそれらの個体の青はどのように・・・・
最近、多くあるのは脱皮>白>青があがるが少し薄い>脱皮前に濃い>脱皮>白、と繰り返す。
しかし、脱皮周期が長くなる、つまり成長が進み個体も大きくなると徐々に周期も伸び始める。
すると以前の青の進行よりも更に進行する期間もあり、その分、濃くなるような感じがある。
ただ、上記の場合だけではない。
CARMAなどは、小さいながらもかなりの濃紺を醸し出していた。
稚ざり1.5cmで完全な揺るぎのない濃紺をだしたRegDMを彷彿とさせる色合いでもある。

話を戻そう・・・
この白と青を繰り返す個体達。
難しいのは、飼育者の好みの方向へ向かわせるにはどのような環境がよいのかである。
これは、このところ濃紺、濃紺ばかりではなく、ライトブルーを好む方も居ることだ。
しかし、観賞して楽しみ、癒しをも求めるヤビーに変な調整やあまりにもコントロールをするような行為は、本来のブルーデストとは言いにくい。
ちなみに私(私といったり俺といったりめちゃめちゃだぁ)は、ライトもヘヴィな青もそれぞれ個体に合わせて好きではある・・・(^^;
この辺りはまた別の機会に・・・

では、そのライトとヘヴィをどのようにすれば楽に出せるのか?
そこに興味がある人は・・・もうすくないかな?(笑)

まぁ、自分なりに分ってきた色々な結果で話を進めようと思う。
内容には、現状からの反映に伴い過去からの変化は多少はあれども、基本は光に変わりは無い。
そして、そこにプラスして、現在の手元の個体がどのような体色の表し方をしているかにより幾つかの回答に分かれると思う。

と・・・・すでに4時を回り・・・・また次回。。では。


【Good!記事なのでランキングに投票】

試験的にですがパスワードを解除しています。
パスワード化へ戻す場合もありますがその際はお許しの程。
関連記事
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://visible.blog63.fc2.com/tb.php/199-b59c9bee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。